You are currently viewing 50代が賃貸を借りられないケースや借りやすい条件などを解説!

50代が賃貸を借りられないケースや借りやすい条件などを解説!

若い頃は、安定した収入などがあれば簡単に賃貸を借りられていたのに、年齢が上がるにつれて賃貸が借りにくくなってしまう人が増えています。

持ち家ではなく、賃貸で老後を過ごそうとしている人も増えてきており、そのような人達にとっては心配な要素ですよね。

そこで今回は、50代で賃貸を借りられないケースや借りやすい条件などを詳しく解説していきたいと思います。

50代以降で賃貸を借りようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

50代では賃貸は借りられない?

実は、まだ定年退職を迎えていない50代の人の場合は、心配するほど賃貸が借りられなくなる事はほとんどありません。

特に50代前半で普通に働いているという事ならば、まず心配する必要はないでしょう。

一般的に、賃貸が借りにくくなるのは、定年退職を迎える60代以降だと言われています。

特に65歳以上の高齢者になると、経済的な不安と共に体調面での不安も出てくるため、大家さん側としては若い人に借りて欲しいという心境になってしまうようです。

50代で賃貸が借りられないケース

では次に、50代で賃貸が借りられないケースについて見ていきたいと思います。

収入が安定していない

まず1つ目は、収入が安定してないケースです。

50代であっても、何らかの理由で短時間勤務をしていたり、毎日の出勤が出来ていないような場合当然収入は低くなってしまいますよね。

このように、収入が安定していないケースでは、入居してから家賃の滞納が問題になる可能性が非常に高いため、最初から入居を断られてしまうケースが多いのです。

また、収入だけでなく貯蓄自体も少ない場合はより賃貸の場合は借りられない可能性が高くなります。

大家さんにとっては、毎月確実に家賃が入ってくる事が重要なので、家賃滞納のリスクがあるケースでは借りられない事があります。

保証人が確保できない

2つ目は、保証人が確保できないケースです。

一般的な賃貸の場合は、入居する際に保証人を確保する必要があります。

家族や親戚などがいる場合は、たいてい保証人の確保は簡単ですが、50代以降になると家族が亡くなってしまっていたりして、保証人を頼める人がそばにいないケースもあります。

このような場合、夜逃げやトラブルなどが発生した時に対処しづらくなるため、賃貸の場合は借りにくくなる要因になります。

命に関わるような持病がある

そして3つ目は、命に関わるような持病があるケースです。

若い人に比べると、やはり年齢が上がるにつれて病気にかかるリスクは高くなりますよね。

特に、50代以降になると認知能力が低下する年齢に差し掛かり、入居している部屋の中での事故が起きやすくもなります。

高齢者に多い、ガスコンロの消し忘れやガス漏れなどの事故も、認知能力が低下する50代以降から人によっては気を付ける必要がある場合も多いのです。

このような認知能力の低下に加えて、命に関わるような持病がある場合、入居中に孤独死に繋がる可能性が高くなるため、大家さんとしては事故物件になってしまうリスクを出来るだけ避けるという意味で入居を断られてしまう事があるのです。

50代以降も賃貸が借りやすい条件

さてここまでで、50代で賃貸が借りられないケースをご紹介しましたが、もちろん50代以降でも賃貸が借りやすくなる条件もあります。

その条件に該当してれば、50代以降でも賃貸を借りる事は出来るので安心しましょう。

安定した収入と貯蓄がある

まず1つ目は、安定した収入と貯蓄があるという事です。

賃貸を借りる上で一番重要と言っても過言ではない条件が、安定した収入があるという事です。

大家さんとしては、毎月家賃を滞納せずにしっかりと支払ってもらえる事が重要なので、家賃滞納のリスクが出来るだけない入居者を求めています。

それは50代であっても同じで、勤務先がしっかりと分かっていて安定した収入と貯蓄がある事が証明できれば、50代以降でも賃貸を借りる事は出来ます。

健康で信用情報に傷がない

2つ目は、健康で信用情報に傷がないという事です。

50代以降の入居者の場合、大家さんが心配するのは孤独死や物件内での事故なので、孤独死や事故の心配がない健康な状態で、なおかつ家賃滞納などの過去がない、クレジットカードなどの支払い延滞の過去がないなどの条件であれば問題なく賃貸を借りる事は出来るでしょう。

家賃が安い賃貸物件を希望する

そして3つ目は、家賃が安い賃貸物件を希望するという事です。

入居審査では、家賃に対する年収や貯蓄額が審査基準として設けられているので、家賃が安い物件であればあるほど必要になる年収や貯蓄額も低くなります。

そのため、50代で一般的な年収や貯蓄額よりも少ないと感じるような場合は、気持ち家賃が安い物件を探してみると借りやすくなるでしょう。

年齢による審査のないUR賃貸住宅を考える

CMでもよく見ることがあるUR賃貸住宅は独立行政法人都市再生機構が運営している世界最大の家主になります。

UR賃貸では家賃の前払い(一時払い制度)や預金残高の審査(貯蓄基準制度)など収入がなくても審査を受けることができます

年齢による審査がないので50代だからということで審査落ちすることがありません

まとめ

さて今回は、50代で賃貸を借りられないケースや借りやすい条件などを詳しく解説してみました。

50代になり、自分が高齢者に近づいている事を実感してくると、いざ賃貸を借りたいと思っても若い頃のように審査を通過できるか不安になってしまう人もいるでしょう。

基本的には、普通に働いている人であれば50代では賃貸が借りられないという事はまずありません。

しかし、50代であっても今回ご紹介したような借りられないケースに該当すると、審査に落ちやすくなってしまう事もあるので、50代以降で賃貸への入居を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お得にUR賃貸にご入居できる方法

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません

コメントを残す